読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Move-O-Scopeがおもしろい

Moves というiPhoneのアプリがある。

Moves - Activity Diary for iPhone and Android

f:id:kalculation:20141116004743j:plain

GPS機能を利用して、一日の移動時間・移動方法・移動場所などを記録してくれるライフログアプリ。徒歩かランニングか、自転車か電車か、といった違いも移動スピードから判別してくれる(たまに間違えるけど)。自分はこういうログを取るのが結構好きなので(これとは別に一応GPSロガーも持っていたりする)、iPhone5でしばらく使っていた。

ただ、こういうアプリはバッテリー消費量が多いので、iPhone5のバッテリーが弱ってきた頃に使うのをやめてしまったのだけれど、先日iPhone6 plusに買い換えたところ(でかいからだろうか)バッテリーの持ちがよいため、数日前から再び使っている。で、その際に改めてアプリの「設定」を確認したところ、このMovesで取得したデータを使うことのできる連携サービスやアプリがいくつかあることがわかった。

今回取り上げる「Move-O-Scope」はそのひとつで、MovesのGPSログを地図上に表示してくれるWebサービスGPS系アプリと連携するものとしては基本的なサービスかもしれないけれど、アプリのほうにPINコードを入力すればあとは自動でやってくれるところが楽でよい。単体のGPSロガーみたいに、kmlファイルとかを取り込んだりアップロードしたりする手間がない。

自分のデータで実際に使ってみたところ、Movesの使用中止後もアプリ自体はアンインストールしていなかったおかげで、去年のデータを表示させることができた。

f:id:kalculation:20141116003634j:plain

瀬戸内海や島根方面にいった記録もちゃんとついている。そういや、大阪からLCCで北海道に行ったなー。

 

f:id:kalculation:20141116003655j:plain

ちょっと前にブログの記事にした愛知とか伊豆を訪問した際は使っていなかったため、記録なし。残念。

 

拡大していくともっと詳しく見ることができる。 

f:id:kalculation:20141116003702j:plain

これは東京。なお、移動の種類(徒歩・ランニング・自転車・交通機関)はそれぞれ色分けされ、個別に見ることもできる。ちなみに緑は徒歩。こうやって見ると、自分が何処によく行くのか改めて確認できる。結構偏っているなー。

 

近場も遠くも、まだまだ行っていないところがたくさんあるという自覚はあるけど、こうやって視覚的に地図上で見るとよりハッキリするので、次に行く場所を決めるのに役立ちそう。

 

外国も行きたいなあ。

 

ちなみにGPSロガーはこれを持っているのだけれど(2台目)、6DにもGPSが付いているので、最近あまり使わなくなってしまった。

Wireless GPS Logger M-241

Wireless GPS Logger M-241