読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜の浅草

毎週末、浅草に泊まっている。
 
別に仕事などで泊まらざるを得ない、というわけではなく、自分の意志でそうしているのだけれど。
 
何故浅草か、というと、確かに好きな街だということもあるけれど、単純に宿が安いからである。
 
 
 
夜、宿から飯を食べに出るついでに、散歩。暖かかったから。
 
もうすぐ春が来るっぽい。
 
 
でも暖かいことを除けば、春は好きではないかもしれない。人が多くなるし。
 
 
だいたいこんな写真を撮っている奴が春を好きなわけが、ない・・・
 
のだろうか。よくわからない。
 
「好きになりたくはある」という面倒くさいことを言ってみる。
 
 
一昨年もほぼ同じ構図の写真を撮った。
 
あの時はまだスカイツリー開業してなかったが。
 
 
 
 
夜でもお参りは出来る。中には入れないけど。
 
 
昼間は混んでいるので、この位置からじっくり写真を撮るのは難しいのです。
 
 
ぎゃー、人だ。
 
 
ミニ四駆を持っていないことが悔やまれる。
 
 
伝法院あたり。
 
 
 
 
路地裏愛好病は不治の病。かわいそう。
 
 
焼き肉食べたい。食べる相手がいない。かわいそう。
 
 
 
 
もんじゃ焼き食べたい。食べる相手がいない。かわいそう。
 
 
街はきらめくパッションフルーツ。かわいそう。
 
 
合羽橋のほうにも行ってみる。
 
 
 
 
「ねえ、君もこっちに来て一緒に膝を抱えようよ」
 
 
 
 
「魔性の味」
 
 
まっすぐな道でさみしい
 
 
誰にも見られず、
 
 
誰のことも見てない、
 
 
と思ってたらスカイツリーに見られていた。
 
 
工事の人は、見て見ないふりをしてくれた。
 
 
道路くらいしか俺に話しかけてこない。
 
 
細い道を帰る。
 
 
二人用ホテルが建ち並ぶなかを、一人用ホテルに向けて帰る。