読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知:2日目 常滑

2日目は常滑。「とこなめ」と読む。
 
 
名鉄に乗って常滑駅へ。
 
あまり天気がよくない。小雨が降ったりやんだり。
 

駅を出ると、さっそく「やきもの散歩道」の案内が。

常滑は焼き物の町なのです。

 

まず散歩道のスタート地点、陶磁器会館まで歩く。

 

 駅前に激渋の旅館。

 
 

陶磁器会館への道は、「とこなめ招き猫通り」になっていて、

 

 

通りの壁面には、色々な「招き猫」が設置されている。

 
 
 
 
 
 

別に昨日に比べて、とかではないが、クオリティが高い。

 
 
 
 

常滑は招き猫生産日本一なのだそうだ。 

 

 陶磁器会館前のポストも。

 

さて、ここから「やきもの散歩道」。

 

土管が壁一面にある。こんなに土管があるのはスーパーマリオくらいでしか見たことがない。

 

 

 

さて、散歩道は始まったばかりなのだけれど、

 

いきなり寄り道。 

 
 
 

 味のある路地を歩く。

 

 

 
 

目的地は駐車場・・・ではなくて、

 
 
 
 
とこにゃん。
 
 
 
 
・・・
 
 
 
かわいい!!!
 
 
 
 

実は招き猫通りの上にいた、とこにゃん。

 

とこにゃんを見つめる猫。

 

とこなめを見守るとこにゃん。 このキリリとした顔がかわいい。

実を言うと、愛知に来た理由の30%くらいは、とこにゃんに会いにくることにあった。

 

前から来たかったので、とてもうれしい。うれしい。

 

 

もうこの時点で大満足。

しかしもちろん町も見てまわる。

 

とこにゃん以外の事前情報は仕入れていなかったのだが、実際に来てみると、常滑は、作り物ではない昭和っぽい雰囲気が普通に残っていて、写欲が湧いてくる素敵な町。

モノクロにしたくなる風景である。 

昔の製陶所のレンガ煙突。町中に何本もある。

 
 

去年行った瀬戸内海にある島の雰囲気にちょっと似たものがある。海に近くて、丘になっているからかしら。

 
 

焼酎瓶が壁一面に埋め込まれている。

 
 
 

 

・・・と、調子に乗ってパシャパシャ撮っていたら、雨が強くなってきた。

 (この日は傘を片手に撮ることが多かったので、ブレた写真が多かった) 

 

屋内に退避するため、「登釜広場 展示工房館」へ。 

 

その工房館前に、でかい瓶が。

戦争中に戦闘機の燃料を入れるために作られたらしい(使われなかったそうだが)。 

 

館内。 

 

製陶所の煙突、昔はもっと高かったらしい。

危ないから短くしてしまったのだと、館内にいた地元のおじさんが教えてくれた。

 

雨がやんだので、また外へ。

 
 
 

 ここで「やきもの散歩道」のルートをいったん離れ、「陶彫のある商店街」を通り、INAXライブミュージアムへ向かう・・・

 
 

のだが、また雨が降ってきたので、あまり写真は撮れず。

 

招き猫ではない猫もちゃんといる。挨拶をしたら逃げられた。

  
 
 

着いた。途中の写真はあまりなかったが、まあまあ歩いた。そして空腹。しかしミュージアム内のレストランは混みすぎ。待っていられないので、ミュージアムを見学。

 

敷地内には、世界のタイルコレクションを展示する建物、昔のトイレや土管関係の資料を展示する建物のほか、体験教室など、いろいろな施設があり、主に小さな子供を連れた家族で賑わっていた。 

 

「世界のタイル博物館」を見学。音声ガイドが100円で良心的。

 
 
 

普段は気に留めない「タイル」にも、歴史があることがわかる。

 
 
 
 

別の施設では昔のトイレをたくさん展示していた。 

 
 
 
 

いい排泄ができそうだ。

 

しかし個人的に一番熱かったのは、「建築陶器のはじまり館」。

関東大震災以降に建てられたモダンな建築。それらが解体された際に、外壁等を飾っていたタイル、テラコッタを引っ剥がしてきて展示している。

 

フランク・ロイド・ライトの帝国ホテルから持ってきた柱。

 

レンガに入っている縦の刻みがシャレオツ。

 

 

 

こういうものを目にしたのは初めてではないのだけど、普段は建築物全体を見てしまうので、改めて説明とともに、こうやって部分だけを見ると、すごく面白い。

 
 
 
 

でかいのは、屋外の「テラコッタパーク」にある。

 
 
 
 
 

裏側を見ると引き剥がしてきたことがわかる。

 

横浜松坂屋

 
 

こんなに面白いのに、

 
 

子供受けは悪いのだろう、

 
 
 
 
他の施設に比べてガラガラ。
 
 
 
 

写真をじっくり撮れるから、むしろいいけど。

 

 
 

充分堪能したので、また「やきもの散歩道」のほうに戻る。

 

雨もやみました。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

煙突から木が生えてる。

 

なんて贅沢な植木鉢だこと。

 

 
 
 

常滑を去る前に、もう一度とこにゃんにご挨拶。

 
 

夕方のとこにゃんも良い。

 
 
「また来てね〜」と言っていた(はず)。
 
 

まだ時間があったので、電車に乗り、

 

セントレアにも行ってみた。

常滑駅とセントレアは二駅しか離れていないのです。

 

あまちゃん

 
 
 

うーん

 

旅行しているのに

 

旅行に行きたくなる。

 

 

ゆるキャラだ。

 

 

もう何年も外国に行ってない。

そろそろ行こう。

などと思いながら、空港を去る。

 

そんな愛知2日でした。