写真

まだ荷物はこない

(2013年2月4日撮影) 特にたいしたことはしなくても、ちゃんと一日は過ぎる。すごい。

誤配

(2013年1月19日撮影) 最近、というか、今年は、自分のところに届くべきものがちゃんと届かないことが多い。届いたとしても、遅れたりとか。 それは物だけではないような気もしなくもない。 でも、改めて考えると、物が届くというのはすごいことだ。きちん…

三連休はどこにも行かず

(2012年4月25日撮影) 実家の近くの犬。遊んでほしかったのか、自分が近寄るとバタバタととんだり跳ねたり大騒ぎしていたのだが、ちょうどシャッターを切った瞬間に、なんだか面白写真になった。 「おっ!」と思える写真は、被写体のほうが「撮られてくれる…

東京都台東区上野

(2011年11月21日撮影) これを撮った頃は上野が自転車圏内だった。 毎日ではないが、通い先の途中だったので、しょっちゅう行っていた。 最近引っ越しを考えている。また昔と同じあたりに戻りたいと思う。 でも、住んだことのない街も良いかな、とも思う。 …

愛知:4日目 犬山

早いもので、あっという間に愛知旅行最終日である。 名古屋から名鉄に乗り、見事に一度行き先違いの電車に乗り、再び名古屋に戻り、今度は間違えず、犬山駅に到着。 目的地は桃太郎神社である。 しかし桃太郎神社までは、基本的にバスもなく、レンタサイクル…

愛知:3日目 南極観測船ふじ

3日目は、愛知県美術館、熱田神宮などのあとに、 名古屋港に行ってみた。 目的地は、「南極観測船 ふじ」である。 やはりいる。南極といえば必ず出てくる。 乗船。

愛知:2日目 常滑

2日目は常滑。「とこなめ」と読む。 名鉄に乗って常滑駅へ。 あまり天気がよくない。小雨が降ったりやんだり。 駅を出ると、さっそく「やきもの散歩道」の案内が。 常滑は焼き物の町なのです。 まず散歩道のスタート地点、陶磁器会館まで歩く。 駅前に激渋…

愛知:1日目 五色園

唐突だが、愛知にやってきた。 記憶がはっきりしていないが、愛知に来たのはおそらく4回目くらいである。 ただ、これまではどれも、自分から積極的に、あるいは目的を持って、「来た」というものではなかった。 たしか初めて来たのは、最初の就職をしたとき…

大阪

大阪に行ってきた。 月曜日から出張だったので、俗にいう「前乗り」というやつになるのだろうか。 大阪には何度か行ったことはあったのだが、普通に「観光」という意識だと、どう楽しんでよいのかいまいちピンとこず、消化不良のまま終わってしまうことが多…

初フィルムカメラ試し撮り

現像が出来上がったので取ってきた。 自分には35mmのレンズは広角すぎることがわかりました。知ってたけど。 50mmがほしい。 Voigtländer Bessa R2 + Nokton Classic 35mm F1.4 SC + Portra 400 腕はともかく、思っていたよりずっとよく撮れていたので驚い…

雪が降ったので新宿

国宝みうらじゅん いやげ物展 in TOKYO

土産物とは、そもそも買った者も貰った者も大喜びする前提で作られるべきものなのですが、どうもイマイチ。 いや、それどころか“一体、誰が買うんだろう?”と、店先で疑問を投げかけてくる物があります。 それがすなわち『いやげ物』であって、私は何十年に…

浮島町の工場地帯

三連休だというのに何も予定はないし、正月から体内時計が狂っているし、どんどん太ってきているし。 自宅近辺の環境は割と好きだが、それでも地理的にみて特別に住みたいと思っているわけではない場所に住んでおり、いつかは出て行きたいのだが、それはそれ…

『東京ヘテロトピア』その5

日本② 東洋文庫ミュージアム もっとボロい建物だとばかり思ってたら・・・。なんと立派な・・・。 写真撮影可。多分撮って欲しいんだと思う。立派だから。 陶淵明の「何か言おうとして忘れた」 科挙の答案らしい。頭良い上に字も綺麗。どっちかくれ。 こんなこと言…

『四家の怪談』

フェスティバル/トーキョーの『四家の怪談』に行ってきた。 http://www.festival-tokyo.jp/program/13/yotsuya/ 『四谷怪談』を翻案した短編小説(台本?)の舞台を観客が見学する作品。 「「日常」と「欲」の両方に正直な風景は、ある狙いを元に造られ整え…

『東京ヘテロトピア』その4

ベトナム 昔ここに、ベトナム難民の収容施設があったのだそう。 踏切の名前にだけ、残っていたけど、それ以外はもう何も名残はない感じ。 そんなことがあったことも、そういう場所だったということも知らなかった。

『東京ヘテロトピア』その3 &『四谷雑談集』

11月17日(日) 『東京ヘテロトピア』 フィリピン 『四谷雑談集』 11月18日 『東京ヘテロトピア』 中国

『東京へテロトピア』その2

寝坊したので、埼玉県に行く予定を『東京へテロトピア』に切り替えた。 芸術劇場内で、前回しっかりと聴けなかった「日本」「韓国」を改めて聴く。 ・・・正直、チェックポイント扱いされていない場所に行かないとならない気分になったが、とりあえずそれは後日…

花園神社の酉の市

酉の市は浅草のものに1度行ったことがあるだけだが、いい思い出しかないので、新宿のほうはどうだろう、と、、、まあとにかく行ってみた。 こちらはさすが場所が場所だけあって、ということなのか、そのスジの方々がチラホラいらっしゃった。浅草にもいたの…

『東京へテロトピア』その1

11月の楽しみイベント。 池袋の東京芸術劇場で、ラジオとガイドブックを受け取ってきた。 今日は1つだけ聞いた。 外では『オーバードーズ:サイコ・カタストロフィー』を上演していた。西口公園での野外上演なので、チケットを買わなくても何となく観られた…

デパートメントH 2013年5月 大ゴム祭

ラバー・コスチュームの変態さんたち。

夜の浅草

毎週末、浅草に泊まっている。 別に仕事などで泊まらざるを得ない、というわけではなく、自分の意志でそうしているのだけれど。 何故浅草か、というと、確かに好きな街だということもあるけれど、単純に宿が安いからである。 夜、宿から飯を食べに出るついで…

東京お散歩

暗いところから見るカップルは一層眩しい。亀戸。 人気があって、人が居ないところが好きなのである。 今住んでいるところは、人気が無くて人が居ない。 これも亀戸だった。夜に撮りたい感じの場所だが、帰らないといかんので夜までいられない。 昔は自転車…

F/T12 イェリネク三作連続上演 光のないⅡ

成田空港

早朝の成田空港にて。 早朝の便に乗るための夜行バスが東京駅から出ていて、それを利用した。 マクドナルドで時間をつぶした記憶がある。 札幌を経由し、函館に行った。 北海道に行くのは10年ぶり以上だった。 前回は特に大した思い出がなかったけど、このと…

かっぱ橋のかっぱ寺

どうかKappaと発音してください。 というわけで、合羽橋の近くにある、曹源寺、通称「かっぱ寺」にお邪魔してきた。 伝承によると文化年間(1804-17)に、当地の住人で雨合羽商の合羽川太郎(合羽屋喜八)という人物がいた。この付近は水はけの悪い低地で雨…

東京拘置所に行った話

といっても別に捕まったりしたわけではない。将来の予習でもない。 「東京拘置所矯正展」というイベントのためである。 千代田線の綾瀬駅で降りる。初めてである。綾瀬は恐ろしいところだ、永遠の世紀末だ、という話を何度か聞いていたので緊張する。空が濁…

自転車で深夜の山手線一周

慎重に検討を重ねた結果、誠に残念ではございますが、終電後の山手線29駅を自転車で回ることとなりました。今後の活躍を心よりお祈りいたします。 ここはまだ安全な場所 というわけで、まず深夜1時半の鶯谷に着く。山手線の全駅中、車窓から外を覗くだけで新…

京都 祇園

カメラを買ってから旅行に行きたい欲が高まり、初めて「撮影」が目的で京都に行ったときの一枚。 いや、写真と同じ頃に御朱印も貰うようになったので、寺社巡りも目的だったか。 基本的にインドア派の人間なのだが、写真を好きになってからは用事がなくても…

上野公園の野良猫

知人が持っていた一眼レフを見て、「もっとちゃんと写真を撮りたい」と思い、オリンパスのE-PL2を買ったばかりの頃に撮った。上野公園の野良猫。もう3年くらい経つのか。 モノクロフィルターを使ってみたかったんだと思う。 このカメラを買うまでは単焦点レ…