読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上野東照宮

久しぶりに写真を撮ったのでアップしてみたが、よく見たら前のエントリも上野だった。。。

上野の夜桜

去年も夜に桜を撮っていた。。。 www.sanpo-photo.com www.sanpo-photo.com www.sanpo-photo.com

宇都宮の巨大地下空間

森山欽司先生になぜかうまい棒が供えられていた。 餃子の街、宇都宮の駅前である。生まれて初めて来た。 餃子像。山田邦子の番組で作られた物らしい。山田邦子ってどこ行ったんだ。 「大宮を小さくしたような街だ」と思ったが、単に駅を出ると歩道橋になって…

岩下の新生姜ミュージアム/栃木の町

栃木県の栃木駅。県名が付いているから栄えているのかと思いきや、ほのぼのタウン。 本数が少ない路線の駅には、高校生がたむろっている。 「おまえは○○が好きなんだろ〜」と友達に言われ、特に否定せずモジモジしているかわいい男子学生を横目に、おっさん…

台湾の昼

麻豆代天府

タクシーに揺られること15分ほど(?)で、麻豆代天府に到着。 正門のド真ん前にベタ付けで停車。運転手のおっさんに金を払おうとしたところで、 「どれくらいここにいる? 1時間、2時間? あん?」 と訊かれる。 「うーん、まだ決めてない」 「あん?」(←…

台湾の電車(台北から隆田までの移動)

朝、台北駅から台湾の新幹線に乗る。 車内は日本の新幹線とそっくり。多分日本のものを輸入しているのだろう。 嘉義駅で下車。 現代的で凄く綺麗な駅。 ただし、台湾の新幹線の駅はほぼすべて、街から遠く外れたところにあるようで 周りには何もない。ここか…

台湾・金剛宮に行ってきた(後編:地獄巡り)

前回の続きである。 www.sanpo-photo.com 五百羅漢を堪能したあと、甲子太歳金辨大将軍と並ぶ、この場所でのもう一つの目的地へと向かう。 天堂地嶽殿。HELLである。 入口でベロの長い神様などにお参りし、地獄へと降りていく。 各セクションでは、閻魔様的…

山奥の竜宮城

金剛宮から、淡水駅方面に戻るバスに乗り、途中の「三芝」というバス停で下車。 次の目的地である「三芝貝殻廟」は結構山奥にあるため、ここからタクシーを使用。 初めてのタクシー使用だったので不安だったが、筆談で運転手に目的地と金額を交渉したところ…

台湾・金剛宮に行ってきた(前編)

台湾に着いた翌日。 MRT(地下鉄)の淡水信義線に乗り、北の終点の淡水駅へ。 そこからバスに乗る。 目的地までは1時間程度。 車窓から外の風景を眺めているのが楽しかったので、それほど長くは感じなかったけど。 街中を走っていたのが、だんだんと郊外の風…

台湾の夜

台湾に行ってきた。初アジアである。 人生で一番赤道に近づいた。暖かい。12月下旬でも長袖一枚でちょうど良いくらい。 基本的に、なんかごちゃごちゃしている。良い意味で。 とにかくスクーターが多い。道端にスクーターが並んでいるのが基本。スクーターの…

東京都千代田区あたりの散歩

久しぶりに更新してみる。 10月の散歩。 そういえば前回のエントリからカメラが変わっている。 ソニーユーザーになりました。 神田駅 。なんだかよくわからんが、10月3日に1枚撮っていた。 これは別の日。夜の東大 。 学生を見ていると、学生に戻りたくなる…

八重洲 さくら通り

夜の八重洲さくら通り

六義園

岐阜のかご大仏

岐阜県の、岐阜。 天上天下唯我独尊で高慢で偏見にまみれた当サイト管理人。岐阜などという場所には当然何もないと思っていた。「県庁所在地」とは名ばかりの、名古屋に全てを吸い尽くされた、ペンペン草1本も芽吹くことのないモノクロの荒野を想像していた…

緑でピンクな名古屋の寺

社内会議という名の戦争で精神的に戦艦武蔵のごとく沈められたが、引き上げてくれる富豪もいないので、癒やしを求めて名古屋を訪れた。 要するに珍スポットめぐりである。 地下鉄で本山駅へ。マンションがぽつぽつと建ちならんでいる。基本的には住宅街のよ…

馬鹿と煙と俺

もう10年以上前だけれど、郊外型の大型電気店でアルバイトをしていたことがある。 基本的には、お客さんが購入した商品を倉庫から運んでくる仕事だったのだけれど、繁忙期には配送を手伝うこともあった。特に、テレビ(その頃は大型ブラウン管の最盛期だった…

尾道の猫散歩・ひめじや訪問

広島県 尾道の猫など

うさぎと毒ガスの島

広島県 大久野島:うさぎと毒ガスの島

愛媛県 大三島の散歩

源宗坊寺のコンクリ仏

広島県の呉市にある源宗坊寺へ行ってきた。 明治の終わり頃に、その名も源宗坊という僧侶が開いたお寺。 午前中は雨が降っていたのだけれど、幸いなことに正午くらいに曇りになった。 ただ、山の中にある寺なので、雨のあとでも訪問は可能なのか、電話をして…

首都圏外郭放水路を見学してきた

埼玉県にある「首都圏外郭放水路」を見学してきた。 簡単に言うと、近くの中小河川の水を江戸川に流す地下水路で、近隣地域を洪水から守るために大切な役割を担っている。 目的 | 施設紹介 | 首都圏外郭放水路 そのいっぽうで、ドボク系面白スポットとしても…

関ヶ原ウォーランドへ

愛知旅行二日目。でも愛知ではなく、やってきたのは岐阜県の関ヶ原。 駅前でレンタサイクルを借りる。 今回の目的地は、浅野祥雲三大聖地のひとつ、「関ヶ原ウォーランド」。

布袋の大仏

愛知県に布袋の大仏を拝みに行ってきました。

伊豆旅行最終日(伊豆極楽苑〜ヴァンジ彫刻庭園美術館)

伊豆旅行最終日は、三島から伊豆箱根鉄道に乗って修善寺へ。 「ここで漱石が血を吐いたのかー」などと思いつつ、駅前からバスに乗る。 30分ほど乗り、宝蔵院前で下車。

バナナワニにうってつけの日

See more glass. まぼろし博覧会で無駄に消耗した心を癒やしに向かった先は、熱川バナナワニ園。 伊豆熱川駅を降りてすぐの便利な立地。 ちなみにこの写真は植物園。あとは道の向かいにワニ園、そして少し離れたところに分園がある。 まずはワニ園へ。 どー…

「まぼろし博覧会」に行ってきた

伊豆旅行、2日目。 JRに乗り、熱海から伊東駅へ。 そこから、だいたい1時間に1本出ている「ぐらんぱる公園行き」のバスに30分ほど乗り、「梅の木平」という停留所で降りると、目の前がもう、今回の目的地「まぼろし博覧会」。 しかし、この停留所、周り…

熱海城の十二神将(コンクリート)

「東洋のモナコ」こと、熱海にやってきた。 子どもの頃に来たことがあるらしいのだが、ほとんど何も覚えていない。 ただ、唯一うっすらと記憶しているのは、秘宝館のことである。 熱海に家族でやってきた際、うちの両親が自分を連れて秘宝館に行こうとした。…

明日から

(2012年7月27日撮影) 旅行に行ってきます。 新しいレンズは間に合わなかった。

iPhoneの入荷連絡もこない

(2013年3月31日撮影) 「喪失感」ってのも、よく考えるとまあ、贅沢なものだと思った。 自分のことじゃないけど。 (追記)入荷連絡来た。

まだ荷物はこない

(2013年2月4日撮影) 特にたいしたことはしなくても、ちゃんと一日は過ぎる。すごい。

誤配

(2013年1月19日撮影) 最近、というか、今年は、自分のところに届くべきものがちゃんと届かないことが多い。届いたとしても、遅れたりとか。 それは物だけではないような気もしなくもない。 でも、改めて考えると、物が届くというのはすごいことだ。きちん…

三連休はどこにも行かず

(2012年4月25日撮影) 実家の近くの犬。遊んでほしかったのか、自分が近寄るとバタバタととんだり跳ねたり大騒ぎしていたのだが、ちょうどシャッターを切った瞬間に、なんだか面白写真になった。 「おっ!」と思える写真は、被写体のほうが「撮られてくれる…

東京都台東区上野

(2011年11月21日撮影) これを撮った頃は上野が自転車圏内だった。 毎日ではないが、通い先の途中だったので、しょっちゅう行っていた。 最近引っ越しを考えている。また昔と同じあたりに戻りたいと思う。 でも、住んだことのない街も良いかな、とも思う。 …

愛知:4日目 犬山

早いもので、あっという間に愛知旅行最終日である。 名古屋から名鉄に乗り、見事に一度行き先違いの電車に乗り、再び名古屋に戻り、今度は間違えず、犬山駅に到着。 目的地は桃太郎神社である。 しかし桃太郎神社までは、基本的にバスもなく、レンタサイクル…

愛知:3日目 南極観測船ふじ

3日目は、愛知県美術館、熱田神宮などのあとに、 名古屋港に行ってみた。 目的地は、「南極観測船 ふじ」である。 やはりいる。南極といえば必ず出てくる。 乗船。

愛知:2日目 常滑

2日目は常滑。「とこなめ」と読む。 名鉄に乗って常滑駅へ。 あまり天気がよくない。小雨が降ったりやんだり。 駅を出ると、さっそく「やきもの散歩道」の案内が。 常滑は焼き物の町なのです。 まず散歩道のスタート地点、陶磁器会館まで歩く。 駅前に激渋…

愛知:1日目 五色園

唐突だが、愛知にやってきた。 記憶がはっきりしていないが、愛知に来たのはおそらく4回目くらいである。 ただ、これまではどれも、自分から積極的に、あるいは目的を持って、「来た」というものではなかった。 たしか初めて来たのは、最初の就職をしたとき…

大阪

大阪に行ってきた。 月曜日から出張だったので、俗にいう「前乗り」というやつになるのだろうか。 大阪には何度か行ったことはあったのだが、普通に「観光」という意識だと、どう楽しんでよいのかいまいちピンとこず、消化不良のまま終わってしまうことが多…

初フィルムカメラ試し撮り

現像が出来上がったので取ってきた。 自分には35mmのレンズは広角すぎることがわかりました。知ってたけど。 50mmがほしい。 Voigtländer Bessa R2 + Nokton Classic 35mm F1.4 SC + Portra 400 腕はともかく、思っていたよりずっとよく撮れていたので驚い…

雪が降ったので新宿

国宝みうらじゅん いやげ物展 in TOKYO

土産物とは、そもそも買った者も貰った者も大喜びする前提で作られるべきものなのですが、どうもイマイチ。 いや、それどころか“一体、誰が買うんだろう?”と、店先で疑問を投げかけてくる物があります。 それがすなわち『いやげ物』であって、私は何十年に…

浮島町の工場地帯

三連休だというのに何も予定はないし、正月から体内時計が狂っているし、どんどん太ってきているし。 自宅近辺の環境は割と好きだが、それでも地理的にみて特別に住みたいと思っているわけではない場所に住んでおり、いつかは出て行きたいのだが、それはそれ…

『東京ヘテロトピア』その5

日本② 東洋文庫ミュージアム もっとボロい建物だとばかり思ってたら・・・。なんと立派な・・・。 写真撮影可。多分撮って欲しいんだと思う。立派だから。 陶淵明の「何か言おうとして忘れた」 科挙の答案らしい。頭良い上に字も綺麗。どっちかくれ。 こんなこと言…

『四家の怪談』

フェスティバル/トーキョーの『四家の怪談』に行ってきた。 http://www.festival-tokyo.jp/program/13/yotsuya/ 『四谷怪談』を翻案した短編小説(台本?)の舞台を観客が見学する作品。 「「日常」と「欲」の両方に正直な風景は、ある狙いを元に造られ整え…

『東京ヘテロトピア』その4

ベトナム 昔ここに、ベトナム難民の収容施設があったのだそう。 踏切の名前にだけ、残っていたけど、それ以外はもう何も名残はない感じ。 そんなことがあったことも、そういう場所だったということも知らなかった。

『東京ヘテロトピア』その3 &『四谷雑談集』

11月17日(日) 『東京ヘテロトピア』 フィリピン 『四谷雑談集』 11月18日 『東京ヘテロトピア』 中国

『東京へテロトピア』その2

寝坊したので、埼玉県に行く予定を『東京へテロトピア』に切り替えた。 芸術劇場内で、前回しっかりと聴けなかった「日本」「韓国」を改めて聴く。 ・・・正直、チェックポイント扱いされていない場所に行かないとならない気分になったが、とりあえずそれは後日…

花園神社の酉の市

酉の市は浅草のものに1度行ったことがあるだけだが、いい思い出しかないので、新宿のほうはどうだろう、と、、、まあとにかく行ってみた。 こちらはさすが場所が場所だけあって、ということなのか、そのスジの方々がチラホラいらっしゃった。浅草にもいたの…

『東京へテロトピア』その1

11月の楽しみイベント。 池袋の東京芸術劇場で、ラジオとガイドブックを受け取ってきた。 今日は1つだけ聞いた。 外では『オーバードーズ:サイコ・カタストロフィー』を上演していた。西口公園での野外上演なので、チケットを買わなくても何となく観られた…